SONY Xperia XZ Premium Dual (G8142)

今週は新しいガジェットのリリースが重なりお祭り騒ぎです。Apple iPad Pro (10.5-inch)を受け取った2017年6月13日同日にSONY Xperia XZ Premium Dual (G8142)も手元に届きました。こちらはLAZADA経由で予約注文しておいたもので、シンガポール国内のSONYストア店頭販売開始だった6月10日より3日遅れて手元に届いた事となります。

これまでOnePlus 3を使ってきましたオリジナルのAndroidベースで殆どカスタマイズされていないOnePlusは動作も軽快で良いのですが、NFCを使ったMRTやバスの利用などできず少々不便である事は否定できません。2017年の第一四半期からQualcomm® Snapdragon™ 835 processorを搭載したモデルの発表、発売が相次ぎましたが、一番初めに発表したSONY Xperia XZ Premiumに興味を持ち予約、購入となりました。

  • Qualcomm® Snapdragon™ 835 processor + 4GB RAM: やっぱり早いです。OnePlus 3は820プロセッサ搭載機種で相当良いパフォーマンスですがXZ Premiumは明らかに早く殆どストレス、ラグを感じる事はありません。アプリの起動も極めて早く特に仕事でメールやファイルの処理をしている際は効率よく進みます。但し特定のゲーム(Candy Crush Soda)はグラフィックの関係なのかラグだらけ。将来的に改善されるのでしょうか。。。
  • 3230mAh battery: 使い始めて1、2日はアプリをセットアップしたり色々と試していたので夕方頃にはバッテリーがなくなりましたがそれでも朝7時頃から夜8時までは充電せずに使い続ける事ができました。普通の使用頻度になってからは寝るまで充電せずに過ごせます。
  • Size 156 x 77 x 7.9 mm & Weight 191g: サイドが丸く加工されているので5.5インチディスプレイ搭載モデルとはいえ片手での操作に耐えられます。191グラムというのはiPhone 7 Plusを使っているためかもしれませんがさほど重く感じません。
  • 5.5” 4K HDR Display: 前に一時期使っていたXperia Z5 Premiumの4Kディスプレイに比べると明らかに改善されています。輝度が上がり、コントラストもはっきりしており(HDRの恩恵なのでしょうか?)、シンガポールの炎天下でも綺麗に画面表示を見る事ができます。4Kの良さは相変わらず人間の目には識別できないような気がします。。。Amazon Primeビデオが4K HDR映像配信をするというニュースを見た事があるので今度試してみようかと思います。
  • LTE (4G) Cat16 with Gigabit-class speeds: 残念ながらシンガポールではLTE Cat 16サービスを展開しているキャリアがなく経験することすらできません。
  • Stereo speaker with S-Force Front Surround: YouTubeなどビデオを見る際の音量、音質は素晴らしいと思います。ボリュームのみならず聞き取りやすい、臨場感のある良い音です。

全体的に満足の一台です。予約購入のおまけで色々なアクセサリが付いてきましたのでそちらも後ほど紹介して見たいと思います。