Moes (tuya) Scene Switch and ZigBee Gateway

Zigbee規格のシーンスイッチを購入しました。MoesというブランドですがtuyaのOEM供給なのだと思います。tuyaのSmart Lifeアプリで使うことが出来るゲートウェイと一緒に4つボタン、2つボタンの2種類合計6台のスイッチを購入しました。ゲートウェイはWiFiタイプにしたので、USB給電でGigbeeデバイスをWiFiネットワーク上のSmart Lifeアプリからシーン設定をしたり、ボタン操作に対してSmart Life接続機器のオン・オフなどの操作が出来ます。

私の場合はSmart Lifeアプリ対応機器の操作を目的としているのではなく Google Home や Homebridge 経由でApple Homekitのボタンとして認識、各機器の操作をボタンで出来るようにすることを想定していました。

残念ながらこのモデルはGoogle Homeでは認識されませんでした。Smart Lifeにペアリングしている他のスマートプラグなどはGoogle Homeでもプラグとして認識されON/OFF出来ますが、このシーンスイッチはGoogle Homeアプリ側には何も表示されません。

更に勘違いしていたのは、Homebridgeと組み合わせてZigbeeデバイスを使う Zigbee2MQTT で利用できると思い込んでいた点でした。てっきりどのようなZigbeeゲートウェイでもZ2Mで使えると思いこんでいましたが、Zigbee2MQTTで利用できるコーディネータ Coordinatorは特定のICを搭載したデバイスに限るということをよく読んでいませんでした。製品が到着してからこちらのページで使えるアダプターが限定されていることを知り、追加で購入することにしました。注文して1周間となりますがアメリカから発送なのでもう1週間ほど到着まで時間がかかりそうです。

スイッチ自体はクリック感も良く、質感も悪くありません。ボタン電池が同梱されていなかったので別途購入。あとはZigbeeコーディネータが到着するのを待ち、z2mをセットアップしてHomebridgeで認識、使えるように設定をしてみたいと思います。

TuyaスマートZigBeeボタンスイッチパネル – Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください