Homebridge – scheduled restart (DSM7.x)

Synology NASのDSM上に構築したDocker環境で動作しているHomebridgeですが、Homebridgeのサイトでも定期的な再起動が推奨されています。私自身Homebridgeを使い始めて1ヶ月程度ですが、常時安定しているとは言い切れないと思います。

使っているプラグイン、デバイスとの通信状況、Homebridgeそのものの安定性、いろいろな要因が関係しているのではないかと思います。まだ手探りですがHomebridgeサイトが推奨している通り定期的にDockerを叩いてHomebridgeが動作しているコンテナを毎朝再起動するように設定しています。

DSMに管理者権限のあるユーザーでログインし、Control Panel – Task Schedulerに遷移します。

新しいUser-defined scriptを作成します。

適当なタスク名を入力し、実行はrootアカウントとします。

Scheduleタブでは実行する間隔を設定します。再起動そのものは時間がかかりませんので午前4:30など起床前の時間帯に済ませておくと良いのではないかと思います。

Task Settingsが重要な設定ですが、タスク実行時にメールで通知するかどうか、または異常終了時のみ通知するかの設定をします。そして実行するコマンドを指定します。

sudo /usr/local/bin/docker container restart homebridge

管理者権限でdocker に対してhomebridgeコンテナの再起動を実行するスクリプトです。最後の homebridge はコンテナ名になりますので、環境に合わせて適宜入力する必要があります。

これで指定した曜日、時刻にDockerが自動的にコンテナを再起動するようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください