Suzuki Swift Sport, ZC33S – CarPlay Wireless Adapter CarlinKit CPC200-U2W-Plus

いつもシンガポールで利用しているオンラインショッピングサイトLazadaの12.12 (12月12日の)セールでいくつかアイテムを注文しました。そのうちの一つがApple 有線接続タイプCarPlayを無線接続にするアダプターです。CarlinKitが製品名で型番が CPC200-U2W-Plus。

この製品、2019年ごろから気にはなっていました。2018年末に購入した私のスズキ、スイフトスポーツZC33Sにはディーラーからの購入時にKENWOODのDDX9018SMというオーディオユニットを取り付けてもらいました。このモデルはApple CarPlay対応ということで選択したのですが、USB有線接続が必要なため運転する都度iPhoneにケーブルを接続する必要があります。2019年頃からはワイヤレスCarPlayに対応したモデルが各ブランドから登場していますが、単に接続が面倒という理由で本体を買い換える気にはなりません。調べているとCarlinKitや同様の製品が存在することを知り興味を持っていたのですが、20年になってCOVID-19の関係で運転する頻度が極端に減ったので購入せずにいました。最近は週末を中心に出かける機会も増え、来年からは徐々に出社出来る機会も増えそうなので今年最後のセールで購入してみました。

中国から送られてきた製品はしっかりした箱に梱包されていました。本体の他に、USB-A – USB-Cケーブル、USB-C – USB-Cケーブル、そしてシンプルなマニュアル(英語と中国語)が同梱されていました。本体はプラスチック製で軽く、オーディオユニットからの接続するためのUSB-Cポートとその反対側にiPhoneを接続するためのUSB-Aポートがあります。

今まではセンターコンソールのUSBポート(オーディオユニットに接続されているポート)からiPhoneへ短いライトニングケーブルで接続していました。特に夜は暗くてiPhoneのコネクタ位置が分かりにくく接続に手こずることもありました。まずは同じポートにCarlinKitを接続、エンジンをかけるとオーディオヘッドユニットに「BluetoothまたはUSBで接続」という指示とともにBluetoothデバイス名らしきものが表示されます。iPhoneを操作してBluetooth設定画面に行くとヘッドユニットに表示されているデバイス名が検索されるので接続、iOSがWireless CarPlayを利用するか確認してくるので許可するとあっという間にいつもどおりのCarPlayが使えるようになりました。正直中華系ガジェットなので動くかどうか心配、不安だったのですが驚くほどあっさり動きました。エンジンを掛け直してもiPhoneがBluetoothの通信圏内にあれば自動的に接続されて操作を必要とせずにCarPlayが使えるようになります。ヘッドユニットのタッチパネル操作も有線接続時と全く同じ。Siriも問題なく動作しています。操作など遅延が発生するのかと思っていましたが、気が付くか気が付かないかレベルの遅延なので殆ど気になっていません。無線のため電波状況など安定していない時に若干遅延する事があるように感じますがごく稀ですし、すぐに慣れると思っています。

最後にUSBコネクタの後ろ側に本体を隠して作業終了。センターコンソールもスッキリして小物も置きやすくなりましたし、都度ケーブルの接続が必要なくなりとても手軽になりました。

CarPlay ワイヤレスアダプター CPC200-U2W-Plus ワイヤレスCarPlayアダプター オンラインアップグレード type-c直接接続 音楽 Siri 通話 – Amazon.co.jp

カテゴリー: Car

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください