COVID-19 Vaccination – Completed

2021年6月から順次始まった40際以上45歳未満向けのCOVID-19ワクチンを2度接種、2度めから2週間が経過し有効な状態になりました。

シンガポールでは島内の様々な場所にワクチン接種が出来るセンターがセットアップされ、以前このブログでも記載したようにIC番号を用いてオンラインで予約が出来るようになっています。現在では高齢者の方は事前予約なしにワクチン接種センターに行けば受けることができるそうです。

私と妻は一度目を2021年6月11日、2度めを2021年7月23日に受けました。その結果2021年8月6日に無事ワクチン接種済みというステータスになりました。

これはシンガポール政府が運用しているTraceTogetherというスマホ用のアプリがあり、ショッピングセンターやレストランなど様々な場所に入場、退場する際にいつ誰がどこにいたかをトレースする機能と、Bluetooth通信を用いたトレーサビリティの機能が搭載されています。現在では、このアプリにワクチン接種状況、感染者との接触の可能性、PCRなどのテスト結果も確認できるようになっています。

6月11日〜8月5日の間は以下のような表示になっていました。

そして8月6日、2度目の接種から2週間後には以下の表示になりました。

更に詳細を確認することができ、いつ、どの種類のワクチンをどこで接種したかや、政府が実施しているPCRテストを受けていればその結果を確認できます。私は今まで一度もテストを受けたことがありませんが、妻は去年一度PCRテストを受けており、その際のネガティブだった結果を確認することができました。

予約のプロセスから接種の進捗、有効かどうかなどすべてがオンラインで繋がり管理されていて更に可視化できているのはとても安心感があります。シンガポールでは今後ワクチンを摂取した人のみがレストランで食事が出来るといった、ワクチンの摂取状況に応じたルールが適用されるようです。

無事ワクチンも有効になっており8月10日からはようやく再びレストランなどで食事ができるようになりますが、引き続き気をつけて生活をしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください