Razer Seiren X – Condenser Streaming Microphone

YouTuberではないのでストリーミングはしないのですがRazerのコンデンサーマイク SEIREN X を購入しました。主な目的はWeb会議!

在宅勤務で毎日Web会議続きの日々を送っておりいくつかマイクを試していました。Webカメラ内蔵マイクはホワイトノイズがひどく、Jabraのスピーカーマイクはバッテリー内蔵タイプでUSBにつなぎ続けるのはちょっと躊躇う。

ということでオーディオテクニカ、Kingston Hyper X QuadCast、Blue Yeti、Razer、色々と比較しまくった結果、Razer Seiren Xを購入しました。他のメーカーのマイクも魅力的でした。予算の1万円前後、USB接続を満たす製品はいくつかありましたが、大きさとミュートボタンがある事でRazerのSeiren Xに決めました。

本体はプラスチック製ですが表面加工はつや消しになっているので、見ている分には安っぽさはありません。当然触るとプラスチックの質感なのでちょっと残念。

スタンドを取り付けた状態です。ベースが重たく、底面は滑り止め加工がされているのでちょっと触っても倒れることはまずありません。

早速Mac miniで使ってみました。USB接続すればmacOSが認識し、オーディオ入力としてRazer Seiren Xを選択するだけでした。早速Web会議で使ってみましたが、(自分で聞いているわけではないのですが)相手には自分の声がよく届いているようでした。これまで使っていたマイクよりも感度が良いようで少し小さな声で話しても相手には聞こえているようでした。

不要な独り言を言わないように気をつけなければ。。。そんなときは本体についているミュートボタンを使ってミュート出来るもの便利ですね。

デスクの上に置いてあると邪魔なので、モニターの上空にWebカメラとマイクを並べて設置してみようと思っています。そのためのいくつかのパーツをシンガポールのLazadaで注文しておきました。中国からの発送なのでもう少し時間がかかりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください