Asus AiMesh – Roaming Block List

再びAsusのAiMeshの話題です。RT-AC88UにLyra Trio 2台をノードとしてAiMeshを構成するのは上手く出来たのですが、RT-AC88Uと1台のLyra Trioのちょうど中間においてあるNintendo Switchに問題が発生しました。2台の間で接続先が勝手に変わってしまうため、オンラインのゲームプレイ中に接続が切れてしまう現象が多発しました。

他にもiPad Proの様にそもそもWiFiインタフェースの性能がよくメッシュに頼らなくてもメインルーターのWiFiを家庭内どこでも受信できるようなデバイスもAiMeshの恩恵はあまり受けず、寧ろ解像度の高いビデオをストリーミングしている場合は、ローミングのときに少し再生が止まる事がありました。

調べた結果、予め指定したデバイス(Mac Address)のローミングをブロックする機能がありました。

メインルーターの管理画面から Wireless – Roaming Block List に進むとローミングをブロックする機能の有効、無効化が指定できます。有効後、接続されているWiFiデバイスをドロップダウンから選択して適用することでそのデバイスはAiMeshのノードには接続されず常にメインルーターのWiFiインタフェースに接続されるようになります。

私の場合は既述の任天堂スイッチやiPad、もう一台のノードとメインルーターの間にあるMac Miniや妻のノートPC等をこのリストに追加しておきました。これで相当安定して運用できています。

ちなみに任天堂スイッチはラグを最小限にするために後日USBの有線LANインタフェースアダプターを購入してRT-AC88Uに有線接続することにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください