Suzuki Swift Sport, ZC33S – MONSTER LXtune Spring

2018年11月から細かなところをいろいろいじっているスイフト・スポーツですが、乗り始めてからやりたいと思っていた事は大体できた気がします。オーディオのアップグレードも着手したいのですが、その前に自分ではできない事の一つ、スプリングの交換を済ませることにしました。

モンスタースポーツさんのLXtune Springです。アブゾーバーは純正のまま、バネだけを入れ替えます。以前日本に住んでいた頃スバル・レガシーもSTIのバネに入れ替えて良い経験をしました。今回、ZC33Sスイフトスポーツでもサスペンション全てを入れ替えるか、バネだけにするか多少悩みました。周りのZC33S仲間はHKSやオーリンズのサスペンションに交換している人が多いのですが、硬い、低すぎ、もっと低く!色々な声が聞かれます。

個人的にあまり詳しくないので以前のレガシー同様にちょっとだけ車高を下げて、少しだけ固めという目的で、比較的ポジティブなレビューがあるモンスタースポーツのバネを選んでみました。大体20mm~25mm車高を下げられるということで、フェンダーの隙間があまりに大きすぎるZC33Sにはちょうど良さそうです。

車高を下げるとヘッドライトの光軸がずれてしまうということで、オートレベライザー・アジャスト・ロッドも手に入れました。

純正のロッドと交換することでヘッドライトの高さ調整を車高を下げる前と同じ状態に調節できるはず。果たしてこの長さのロッドで良いのか、取り付けを頼む業者が日頃していない作業の様なので心配が残りますが、今度の木曜日に作業を確認させてもらいながら取り付けをお願いしようと思います。

少し車高が下がってさらに見た目が良くなるZC33Sが楽しみです。