OnePlus OnePlus 3

Samsung Galaxy S7 Edgeが水没してしまい修理を断念したため新たなAndroidデバイスとして中国ブランド「OnePlus」の「OnePlus 3」を購入しました。Qoo10経由でEXPANSYS HKに注文しました。シンガポールから香港に発注して3日程度で手元に到着。EXPANSYSさんの考慮で液晶保護フィルム、TPUケースなどをおまけしてくれました。

パッケージは白と赤の素敵なデザインです。箱を開けるといきなり本体が現れます。大きな画面のシンプルなデザインの本体。パッケージから本体を取り出してみると薄く、軽い、良い印象です。ソフトゴールド色を選択しましたのでベゼル白、背面は優しいゴールドです。カメラは本体中央部分にあり少し飛び出ています。1+のロゴが印象的。到着時は中国語が印刷されたラベルが背面に貼り付けられていましたがこれらは剥がしてしまいました。

添付品はACアダプターとUSBケーブル。TYPE-Cコネクタのデバイスは初めてです。iPhoneのライトニングコネクタ同様に上下がないのは便利です。Snapdragon 820チップのモデルですがQuickChargeには対応しておらず、DASHという急速充電対応で添付するACアダプタもこの規格の急速充電に対応しています。

Dual SIMなので仕事用とプライベート用の番号を入れておき電話、SMSの都度選択して使う事ができます。データ通信は設定画面でどちらのSIMカードを使うか切り替え設定。出張や旅行先で一時的にプリペイドのSIMカードを使う時にも重宝します。サイズはnano SIM。一方で記憶容量はMicro SDカードなどによるストレージの追加はできませんので本体内蔵の64GBのみとなります。

Androidシステムそのものは殆どオリジナル。Samsungは特に色々なツール、ユーティリティが最初からインストールされておりアンインストールできないためメモリを圧迫したり、バッテリーライフに影響する場面が多くありました。OnePlus 3はストックのAndroidそのものなので動作は軽快、余裕の6GB RAMも殆ど未使用状態です。多機能を求める方には向かないかもしれませんが、自分で使いたいアプリを入れて自分なりのAndroidデバイスに仕上げるには最適だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください