Change mobile service provider (from M1 to Singtel)

シンガポールでの携帯電話キャリア大手3社はSingtel、M1、Starhubなのですが、私は2004年から長い間M1と契約してきました。2018年頃に会社の契約に切り替える関係で番号を引き継いだままSingtelへ乗り換えたこともありましたが、iPhoneのeSIM対応が早かったM1へ戻ってそのままずっとM1を利用してきました。

昨年になってコンシューマ向けにも5Gサービスが展開され始めM1が一番最初にAdd-Onオプションとして5Gサービス利用ができるようになり、その後5G SAサービスの展開も比較的早かったのでSIMカードも専用のものに交換してもらったりと続けてきました。

ところが、最近のM1は通信速度が遅いだけではなく、4Gと5Gのサービスが切り替わる際の通信が不安定になるようで、ショッピングモールなどではネットワークに接続できなくなることが多くなりました。実際これが私の端末の問題なのか、それともSIMカードに問題があるのか、M1のネットワークの問題なのかははっきりしませんが、5Gなのに下りが70Mbpsしか出ないのは残念です。2015年頃のM1はLTEでもかなり快適だった記憶があります。。。SIM Onlyで特に契約期間もないので一度Singtelに乗り換えることにしました。

2月10日にM1からSingtelへ番号を引き継ぐ形で契約。SingtelはM1に比べると高めのSIM Onlyプランで12ヶ月の契約期間がありますが、それほど頻繁にキャリアを変えるつもりもないので決めました。申し込んでから約1週間後の2月18日に郵送でSIMカードが到着。そして2月26日の深夜過ぎにアクティベートされました。

27日日曜日に早速出かけてみましたが、M1とは比べ物にならない速度でCarPlayで音楽を再生する際の待ち時間も短くなった気がします。測定している場所やサーバーが異なるといった条件は違いますがスループットでは3倍ほどの速度です。

しかもM1は5G SA SIMに切り替えた途端、Apple Watchのセルラー契約ができなくなるという仕様でしたが、Singtelの場合は5G SA SIMでもApple Watchセルラー契約対応。残念ながらeSIMではありませんが、これは諦めます。特に海外旅行中は現地でプリペイドの物理SIMを調達することが多いので、本拠地のシンガポールの契約がeSIMだと何かと都合が良いのですが仕方がないです。そのうち5GもeSIMに切り替えられるようになったら移行したいと思います。

そしてもっと嬉しいことにGoogle Pixel 6 ProもSingtelだと5Gで繋がるようになりました。M1の場合はLTE接続しか出来なかったのですが。最近Pixel 6シリーズがシンガポールでも発売になったのでM1も今後は繋がるようになるのかもしれません。

iPad Pro用のSIMはStarhubの回線を使っているgiga!に乗り換えました。こちらもM1より快適でオフィスでのビデオ会議にも使えています。M1さん、頑張ってください。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください