Apple iPhone 12 Pro Max

毎年恒例ですが今年も新しいiPhoneを購入しました。片手で使えなくても大きな画面が好きなのでiPhone 12 Pro Maxです。殆どの情報はiCloudやOne Driveに保存しているけれど多くをダウンロードするので容量も最大の512GBを選択。

iPhone 11の頃の角が丸いデザインも良いと思うのですが、iPhone 4とか5の頃の角張ったデザインに近づいた(というか戻った?) iPhone 12 Pro Max は好み。側面の光沢のあるステンレスは見ていて綺麗だし、背面のつや消し加工も良いですね。側面のステンレスは手触りという意味ではいまいち、かつ指紋が目立ちすぎる。とはいえ結局ケースに入れるので大きな問題では無いかも。

去年のiPhone 11はApple純正の透明なケースを購入し使っていましたが、Mag Safeのデザインが透明ケースだと目立つので、とりあえずspigenのiPhone 12 Pro Max用のケースを購入。一緒に液晶保護ガラスと本体背面に貼り付ける落下防止のストラップもspigenで揃えてみました。

貼り付けツールが付属する Glas.tR EZ Fit はめちゃくちゃ便利。Appleが出荷時に貼り付けてくる画面保護シートをペリペリして、液晶画面を触ったりホコリが乗る前にすぐ液晶ガラスレイヤーを貼り付け。位置合わせも簡単で、というかツールをiPhone本体に合わせて乗せて押し付けるだけなので失敗する可能性は低いと思う。

ケースはUltra Hybrid。超薄いわけではないものの少し出っ張りの厚みが増えたカメラ部分も保護してくれるので良さそうです。

今回はiOS標準の移行機能でiPhone 11からiPhone 12へ無線通信でデータを全て移してみました。始めてから完了まで約2.5時間。途中特に操作することはなくひたすら待つだけ。転送が完了するとApple IDのパスワード入力を経てアプリのインストールが始まります。一部のアプリは再認証などが必要ですが順調に以降を終えることが出来ました。

明日から外出先で新しいカメラを試してみたり、いずれシンガポールでも5Gのサービスエリアが拡大したら是非試してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください