Suzuki Swift Sport, ZC33S – pivot 3-drive PRO

スロコン (Throttle Controller) を取り付けました。しばらく前から興味があり悩んでいたのですがサブコン取り付け以降ECU書き換えなどはせずに、マイナーにガジェットを追加して楽しんでみようという気持ちが強くなり追加です。

3DP本体とは別にZC33S スイフトスポーツの場合は TH-2C という型番のハーネスケーブルが必要になります。本体とコントローラーはコンパクトで、別途電源を用意する必要もなく接続作業そのものは5分もかかりません。本体と余分なケーブルを固定する方にむしろ時間がかかりました。
コントローラーをどこに取り付けるか悩みましたが付属のステーを使ってコックピットの中央に取り付けてみました。

結局アクセルを100%踏み込んだ際の100%は変化するわけではありませんが、レスポンスモード、パワーモード、エコモードとモードの設定値によって特性が変化します。取り付けた後のテストではレスポンスモードを試してみましたが、ノーマルの設定とは全く異なりキビキビと運転できます。テストを終えて妻と一緒に外出する際にエコモードでゆったり運転。挙動をごまかす様なガジェットで全体としてのパフォーマンスは変化しないものの、モードと設定値を変化させながら色々な運転を楽しめそうです。