Driver Recorder – THINKWARE F770

スズキ・スイフトスポーツ ZC33S 購入に際して並行輸入ディーラーにTHINKWAREブランドのF770というモデルのドライブレコーダーを取り付けていただきました。

運転中の前方と後方の動画撮影・保存という基本的な機能の他に駐車中の録画もしてくれます。ドライブレコーダーとしての機能の他にも画像処理を応用して前方との車間によってアラーム音を出したり、車線変更時にも(意図せず車線からはみ出してしまったことを)警告する機能、本体に内蔵しているデータに基づきスピードカメラの手前で警告する機能など搭載されています。

使い始めて2ヶ月、時々エンジン始動時にSDカードのデータに異常がありますという警告を発する現象が二度ほどあったので本体ファームウェアのアップデートがないか調べてみました。THINKWAREのWebサイト(THINKWAREシンガポールのダウンロードサイト)を見たところマイナーバージョンアップがありましたのでアップデートしてみました。

ファームウェアバージョン v1.00.06 から v1.00.08 へのアップデート手順。

  1. ファームウェアZIPファイルをダウンロード
  2. SDカードをFAT32でフォーマット
  3. ZIPファイルを展開して出てきた全てのファイルとフォルダをSDカードのルートへコピー
  4. エンジンをかけてF770の起動を確認
  5. F770本体に挿入されているSDカードを取り出し、3で準備したSDカードを本体に装着
  6. ファームウェアアップデート中 -> 完了のアナウンスがあるまでひたすら待つ(5分程度、条件により異なる可能性あり)
  7. F770本体のフォーマットボタンを押してSDカードをフォーマットして通常動作へ。

特に変更履歴などのドキュメントがなく何が改善されたのかわかりませんが、新しいバージョンであった方が良いと思い実施してみました。しばらく様子を見てみようと思います。画像品質も良く、SDカードのデータに関する警告が発生したこと以外には機能的にも性能的にも素晴らしい製品です。

You May Also Like

About the Author: 7K3ELA

Japanese lives in Singapore. Gadgets: Apple, Android, and more Taking Photo, Travelling, ...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.