about Samsung Galaxy S9 Plus – exif information

2018年3月よりSamsung Galaxy S9 plusを愛用し始めていますが、小さな発見がありました。

メインカメラとインカメラ(サブカメラ)で写真を撮影した際のexif informationに僅かですが違いがあります。その違いは日付の文字列。

メインカメラで撮影した写真は年月日が : 文字で区切られています。一方でインカメラ(サブカメラ)で撮影した写真は年月日が – 文字で区切られています。写真の閲覧やインスタへのアップロードなどでは何ら問題にならないのですが、私はOneDriveにアップロードした撮影済みの写真をAppleScriptで組んだスクリプトで自動的にフォルダ仕分け、低解像度ファイルの生成を行なっています。その際に exiftool というフリーのツールを使い写真のexif情報から日時を拾っています。その文字列操作の際に : 文字と – 文字の違いによってスクリプトがエラーになってしまいました。

スクリプトに手を加えることで従来通り写真ファイルの自動整理整頓が出来るようになりましたがニッチな発見でしたので思わずブログのネタにしてしまいました。

“about Samsung Galaxy S9 Plus – exif information” への2件の返信

  1. インカメラとアウトカメラでフォーマットが違うのもどうかと思いますね。
    統一してよと言いたい。

    1. そうなんですよ。明らかに考慮不足、評価不足なのだと思うのですが。
      幸い自分で作ったスクリプトは改造出来るので良いのですが、スッキリしない釈然としない気分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください