Samsung Galaxy S9 plus and accessories

2018年3月、サムスンからGalaxy S9シリーズが発売になりました。シンガポールでの発売日は2018年3月16日でしたが、事前予約をすると3月10日に配達される事とワイヤレス・チャージャーなどおまけが付いてくるとのことで3月2日のPre-Order開始とともに注文しました。3月10日、予め配達先に指定しておいたSingpost POPStationに到着して受け取る事ができました。

Galaxy S9 Plusの箱にはドキュメント類、SIMトレー取り外し用のピン、充電ケーブル、充電アダプタ、AKGブランドのヘッドホン、他のスマホからのデータ転送用のアダプタ、そして透明なケースが付属していました。2016年にGalaxy S7 Edgeを使っていた時期がありますがやはり作りはしっかりしています。ワイヤレスチャージング対応のため背面側のガラスになっており触りごごちも良いです。とはいってもケースに入れてしまうのであまり関係ないかもしれませんが。

付属していたワイヤレス・チャージャーはもちろん純正品。スタンドタイプでしか使えないモデルですが充電アダプタとケーブルも付属するので、本体付属の充電アダプタ&ケーブルを使う事なく独立して無線充電環境を整える事ができます。

事前予約のおまけはチャージャーのみでなく延長保証パック(S$128相当)と、シンガポールのSamsung Experience Storeで使えるS$100分の商品券。S$100以上の純正アクセサリ購入時に100ドル分割引してくれます。Dex Padの購入を考えていますがまだシンガポールでの発売日未定とのこと。4月10日までに使わなければならいい商品券であった事と、もう一台寝室用にワイヤレス・チャージャーが欲しかったのでEP-PG950というモデルのアクセサリを購入してきました。この充電器は充電箇所が動く様になっており平らでも角度をつけた状態でも使える様になっています。

Galaxy S9 Plus本体ですが、6.2インチのAMOLED画面がとても綺麗です。画面の端から端までビデオを画面いっぱいに楽しめます。指紋センサがS8と比べて届きやすい場所に移っており多少は使いやすくなっています。カメラはiPhone Xと少し違った色味ですが綺麗に撮影できます。シーンによってデバイスを使い分けても良いかなと思う様になりました。S9 Plusには256GBモデルがあるのでDual SIMで2枚SIMを使っていてもApple MusicやSpotifyの音楽を多くダウンロードして持ち歩ける様になりました。

とりあえず1週間使ってみましたがXperia XZ Premiumよりスムースに動きますし、6GB RAM搭載の為かアプリの切り替えも快適です。バッテリーの持ちだけが少し短い印象がありますが無線充電対応なので仕事中の昼休みなどにちょっと充電したり工夫しています。

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *